大学生活

ようやく卒業♪

先週のこと。

長らくかかった大学の卒業論文の合否が送られてきた。

結果は、『合格』shine

嬉しいというか、ほっとしたというか。

とはいえ、まだ“完全な合格”ではないらしいのだが、、

なんでも、その論文について担当教論と1対1の面談を経てから完全な合格となるらしく。

その他必要な単位は取得済なので、面談を無事に終えるのみだ。

その面談の指定日が今週の木曜!

その日は仕事を休んで、日帰り弾丸東京ツアーとなる。

なんだかドキドキだ。

苦節5年despair

一昨年あたりは完全に中だるみ状態で、休学しようか、、などと弱気が顔を見せたときもあったが、何とか持ち直してここまでくることができ、感無量な思いだ。

卒業証書を手にする日が待ち遠しくもあり、なんだか少〜しだけ寂しい気もするんだなぁcherryblossom

『卒論提出許可通知』‼︎




インストラクターによる三回の指導を終え、大学から届いた卒論提出許可通知!

まだ終わってなかったんかいな〜、長っっwobbly

これにより正式に提出した最終論文を担当の教授サマにより採点され、無事に合格となれば晴れて来春の卒業となる、はずsweat01

さてさて!最終の調整、頑張るのだ〜dash

卒論三回目の提出を終え…




気がついたら7月も半ばを過ぎ、猛暑のとき。

ここ数週間は大学の卒論の追い込みで週末はそれに割かれてて…。

ようやく最後の指導を受けるためのレポートをなんとかかんとか仕上げ、本日ポストへ投函できた。

拙い考えのもと、一回二回とインストラクターの指導を受けながら進めてきた論文製作。
色んな指摘のもと、二度三度と違う角度からの見直しを加え、その度に少しずつ、自分の考え方にも修正を加えられ…

そうこうしながらの今回の提出は、ほんまにしんどかったなぁ〜

この最後の指導を無事に終えれれば、次は担当教授による採点が下され、合格点に到達できていれば…confident

無事に卒業の日を迎えられますように……clover

卒論 、一回目の指導入ります‼︎




卒論、一回目の「指導」!

赤ペン先生なみにチェックが入るのかと思いきや、全く違った。

大枠として、何を中心に論じていくのか、というあたり、ほんまにポイントだけご指示いただいた感じで。

ちょっと拍子抜けだったりしてcoldsweats01

ただ、テーマ設定を褒めてもらえたのがなにより嬉しかった。ここが一番心配やったから。

さてと、今月末までに修正して再提出しないと!

って、今月末って今週末やん⁉︎ catface

ひょえ〜〜sweat01


【番外編‥‥】

仕事帰りにスィーツ買って激励してくれた夫。
まぁまぁええとこあるやん! smile
なぁんて、ありがたやありがたや〜confident





へるぷっっっ‼︎

少し春めいてきたかなぁtulip

そろそろしっかり日焼け対策しなきゃ〜と、いつものご近所ラン中痛感sunsunsun

さてさて!今週もすっかり家に潜伏し、卒論に追いまくられdash

ストレスMAXだーーーsign04

28日の提出期限になんとか間に合いますようにwobbly

神様仏様〜〜sweat01sweat01

にらめっこ




あたたかな週末、

ラン中、いつもの川沿いの木々の枝に
ちらちらとなにか実のようなものが芽吹いてる。

こんな小さなところから 春は訪れるのかなtulip

なぁんて、すっかり のんぴりした心地に浸りそうになってしまってたやんsweat01sweat02

というのも、遅遅として進まないソツロンの資料と睨めっこ。

卒論ガイドブック (←大学発行の)によると、
まずは資料を片っ端から集め
時に それらを眺め・・
そうこうしているうちに論点とすべき部分が浮かび上がってくる・・

と書かれてるんだけど、、ねぇcat

な〜かなか 浮かびあがりまへん・・・

ほんま むずかしわっwobbly

如月も睨み試合が続きそうな気配か、、crying

最後の授業を終え…

この週末は大学のオンデマンド授業の山場ゆえ、すっかり家籠りでした。

2か月ほどの決められた受講期間のあるオンデマンド授業だが、隙間時間に自宅で自由に受講できるあたりは社会人にとってはありがたい受講形式だ。

実は、この授業で最後なんだなぁ、大学の講義は。

最後の授業は、「法学」だ。

本当は最初に受けるべき課目なんだろうけど、抽象的すぎて正直面倒くさそうで敬遠してしまい、結局最後となってしまった…のだけど。

けれど、法学部で学ぶとなればやっぱ最初に知っとくべきことは、「法とはなんぞや?!」

資格試験の勉強では決して教わることのないその概念。

法学に限らず、大学の勉強っていうのはある意味まどろっこしい…

そう、面倒くさいsweat01

けれど、その面倒くささを通りこさなければたどり着けない場所ってあるんやねぇ、確実にねぇ。

しっかし、なんでまた四十を過ぎて学ぶことになったん?と、先々週末の名古屋スクの際にもスク友のハルミさんとシンミリ…。

この歳やからこの時間を過ごせる貴重さとかに感謝できたりするのかも。

これを30年前にわからんかったん?!(代返ばっかり頼んでからにhappy02

そういうことがわかってたらこの歳にこんなことしてませんってばwobbly

なにはともあれ、まだまだ大物の卒業論文を少しずつ仕上げていかねば~

まだまだ、なだらか~に、坂道は続きマスconfident

最高の季節もスクーリングなのね〜⁈ >_<

九月の最高の季節到来‼

・・・そんな三連休の最中

名古屋駅近くのビジネスホテルにて、一人しっぽりと晩餐ちう〜


1379764543289.jpg


TVつけたら『走る男』が!

ん⁈ この回、すでに見たような⁈

何回見てもええんです(^ ^)


あーーー、走りたいな〜


1379764545102.jpg

2013年の夏も終わりに…

夜更かしついでに先週の備忘録を…。

何年かかってるねんって話だけれど、四十路からの大学生活の話を。

2009年入学…だから今年で4年目に突入してたsweat01

大学っていっても昔の学歴分の単位免除、つまり、私の場合は短大卒なので2年の免除があるので実際は3年生からの編入となるわけだ。

そんなこんなで、タラタラと超マイペースに進めてきた通信教育生活。

そろそろエンディングが見えてきた、かも?!

季節ごとの課目試験や週末の短期スクーリングでなんとか今年中には必要課目単位を取れそうな具合なので、そろそろ最後の難関の卒業論文の準備に取り掛からねばねぇ。

そういうわけで、今年の夏期スクーリング期間は忙しかった。

夏期スクの期間は、普段はなかなか訪れることのない大学本校に全国からの通信生が押し寄せてくるので、その期間は卒論を含むさまざまな通信生向けのガイダンスが行われるのだ。

人生初の卒論!

院卒の若いアドバイザーとのやりとりや(これがなかなかのイケメン君♪)、教授からのアドバイス等、とてもとても意義深いものがあった。

特に、‘テーマ設定で論文の出来の7割が決まる’というのは、ほんとに驚きだった。

実におおまかな、‘こぉんな感じ?!’のテーマ決めで、決まった気になってた自分の浅はかさにも気づかされ…。

ふぁぁぁ  たいへんだぁぁぁ catface

そんなこんなの夏スクだけど、ちょっと違う角度からの愉しみなるのに気づかされることに。

というのも、今回のスクーリングは、まったく知り合いの居ないなかでの6日間を過ごさなければならないという、ちょっと憂鬱な側面もあった。

けれど、「しゃべらないと口腐る」関西人としては、なんとか新規の友人を獲得すべく初日から物色に余念なく。

けどねぇ、気づいたのが…

だれかとお近づきになる、そのこと自体に意味があるんやねぇ。

人との出会いって、きっかけひとつ、されどそのきっかけって案外と運命がかってるのかも~、と。

実際、この6日間、‘口腐る’の精神で、何人かのご婦人をナンバしたけれど、結局のところはその場限りの one night(day) lover ?? coldsweats01

いやいや、人との出会いっつうのは偶然じゃなく必然っつうことっス。

こんな風に、勉学以外のところでも?色々と学び多し6日間をすごし、自身の熱い夏も終わりを迎え…。

っと、1週間ぶりの職場では、すっかり現実の厳しさを味あわせていただきやした、とさgawk

酷暑の夏期スクへ!

いま、東京行きののぞみに乗り込んだ。
明日からの一週間、大学の夏期スクーリングで東京滞在だ。
夏期スクは昨年は受けられずで、二年ぶりの受講だ。
今年も猛烈な酷暑のなかの一週間、頑張ってモチベーション保たなきゃsweat01
やりたいことをやりたい様にやらせてもらえる幸せを噛み締めつつ・・・

それにしてもルーチェと離ればなれの一週間は辛ぉおますdog
ヤケッパチの車内ドランカーが此処に⁈

coldsweats01


1376229058448.jpg