テニス

ファンタスティック!錦織‼︎




全米オープンテニス!

錦織、残念ながら優勝は逃してしまったけれど

なんだか観戦してきたこちらまで質の高いプレイの数々に、緊張やワクワクドキドキと多くの感動をもらった

ブラボー ブラボー !ありがとう good

ブラボー ブラボー ブラボー‼︎‼︎〜バウリンカ vs ナダル

全豪最後を飾るのは、もちろん男子シングルス戦。

もう・・・

言葉などなにひとつ無意味な気がする

アクシデントを乗り越え、闘い切った両者にエールを送ります。







少〜し期待はずれか、、〜ナダルvsフェデラー戦

事実上の決勝戦ともいえる全豪男子セミファイナルは、ナダルvsフェデラーの永遠のライバル対決となった。







昨シーズンはフェデラーがフィジカル面で不調だったせいもあり、久しぶりの顔合わせだ。
帰宅後、ちゃちゃっとお風呂→超手抜きの夕飯作成・・、そして至福の観戦のとき〜shine

しかし、、
いざフタを開けると、試合内容は一方的にナダル優勢・・
結局、第1セットこそタイブレークにもつれこんだものの、7-6、6-3、6-3のストレートでフェデラーが完敗。
内容もなんていうかいままでの2人の対決とは違い、盛り上がりに欠けるものだった。

フェデラー大ファンの夫は、好き過ぎるあまり歯痒さが勝つのか、次第にイラ立ち度もヒートアップし始めsweat01
ブツクサブツクサブツクサ・・down

ほんま、たまらんわcatface

そんな具合だったが、やっぱりこの2人の対戦は世界中のファンが心待ちにしているんよねぇconfident

この敗北を糧に本当に強く華麗なフェデラーのプレーとそれを受けて立つNo.ナダル!
次はウィンブルドンあたりで素晴らしい対戦を期待したいものですなtennis



積極的な‘攻め’に脱帽 〜アナ・イバノビッチ

今回は全豪オープンの女子の戦績について。

ツアー1位はアザレンカのようだが、4大会となるとやっぱりセレナ?シャラポア⁇あたりの大御所の存在感がいまだ際立つようにも見え・・

そんななか、今回キラ星のごとく輝いたプレーで魅せてくれたのがセルビアのアナ・イバノビッチという選手なのだshine



序盤から夫がマークを始めてたものの、美人やからちゃうん⁈ なんて、ちと懐疑的まなこeyeで斜め見していた私。

だけど、セレナ戦を見たときはほんまなビックリ‼︎
女子には珍しく、いや男子でもあんな攻めをする人は数少ないと思う。
とにかく攻めがめちゃくちゃ早い‼︎
ショートバウンド気味にパパーンと早いタイミングで合わせる感じでコンパクトに打つわけだから次一手が更に早く、あっという間にネットへ詰めてるって感じだ。

こういうスピード感溢れ変化に富んだプレーは見ていてほんとに面白いんよね〜。
けれどシングルスで前に出るというのはほんとにリスキーやし、相当勇気もいると思う。

イバノビッチも、数年前彗星のごとく現れ全仏で優勝したものの、その後はあまり目立つ位置に留まることができず、今回久しぶりに復活してきたという印象だ。
その間、どんな風に練習を重ね、並々ならぬ努力を続けてきたんやろうなぁ。

残念ながらセレナ戦の後に敗れてしまったみたいだが、伊達さんを含め今シーズンのシングルス女子も男子に負けず目が離せませ〜んgood

見事な戦いに酔いしれ・・、ナダル vs 錦織




全豪オープン、4回戦!
ナダル vs 錦織 を録画で鑑賞中なのだ。

ほんまに錦織の戦術、展開力は素晴らしいんちゃう⁈
マイケル・チャンをコーチに迎え、攻めも冴え渡ってるgood

ただ、ここぞ!というときのナダルのギアUPはやっぱりスゴい・・
これぞ、世界No.1 の戦い方なんやね。

第二セットの中盤、競った場面でナダルの靴紐が切れ、試合が中断してしまったりとアクシデントもありながら、色んな局面でも力を発揮できなければー。
そんな切磋琢磨をひたすら繰り返しながら、更なる高みへ〜

今年の錦織に注目やねup

いつの日か、ナダル打倒を‼︎ (あぁ、両者のファン故に非常にフクザツな気持ちですが、、)

スポーツの秋、久しぶりのテニス♬

スポーツの秋到来!

…なのだけどthink

先週、残念な知らせが福知山市から届いた。

「今年の福知山マラソンは中止とさせていただきます…」

やはり、あの9月の台風被害で未だ復旧の目途が立っていないとのことで、今年の大会は中止との知らせがあったのです。

もしかして、難しいかなぁとは思っていたところだけれど、やっぱり…残念やなぁ。

そうなりゃ、久しぶりにテニスするべか~tennis

テニ友にお誘いいただき青空の下、久しぶりのテニスに興じてきたのだhappy01

1381750649165.jpg

コートに着いてすぐ、「どーぞnote」と紙コップに注ぎ込まれた気付のbeerbeerを皮切りに?!大人達の熱戦&舌戦(メンタル崩せっ!作戦か?!)が繰り広げられ…sweat01

気が付けばボールを追って6時間が経過してマシタdash

テニス日和の最高に気持ちのいい一日を堪能♪

そんな帰りの車中にて、夫からの‘テニス道’を有難~く拝聴させてイタダキつつcatface

あーだこーだ…

たんまりリフレッシュできた秋の休日でしたconfident

今年も南半球より熱い便りが♪

1358946574953.jpg

今年の全豪オープンテニスも山場を迎え、男女ともにベスト4を賭けた闘いが蹴り広げられた。

それにしてもフェデラーって選手は何故ゆえあんなにジェントリーなのん⁈

ツォンガとのフルセットに及ぶ激戦を制した後、身支度をするツォンガをわざわざ待って一緒にコートを後にするという、そんな気配りと思いやりのある立ち居振る舞いには本当に感嘆の思いで見惚れてしまう・・
そんな選手、他にはなかなかいないなぁ。

これで男子の準決勝は現在のランキングの1位から4位までが綺麗に出揃うことになった。

この場にナダルがいないことが辛いとこだけどねぇ。

でも、そのマイ ラブ ナダル氏!来月には長~いブランクを経て、復帰できるとのことだし♬
あー、長かったよ。

それと忘れちゃならねぇのが日本勢の奮闘よ‼‼
伊達さん、圭くんを筆頭に、GOGO添田剛、伊藤たつま、森田あゆみ、土居美咲と6選手ががんばったー、感動したよ~。

今年の更なる飛躍がめちゃ楽しみや~

そして、今日から車椅子テニスも始まった!
ロンドンパラリンピックも金メダル獲得の國枝選手。
今年はどんな華麗なプレーを見せてくれるかこちらも気になるところです。

スタイリッシュに車椅子を操作し、縦横無尽にコートいっぱい走り回りあんなに厳しいコースに打ちはなたれるショットの数々・・
TVで見ていても鳥肌ものよ!

あぁ、テニスってすばらしい!

久しぶりに黄色いボールを追いかけたくなってきてもーたやんtennis

久しぶりすぎるテニス、やっぱ強風のせいにしときますか~⁈

大型台風が通過中とのことで雨が心配されたこの連休。

一昨日のライブは見事にあおりを受けたけれど、

今日は半年ぶりのテニスの日!

なんとかよろしゅうおたの申しますぅ~ thinkthinkweep

…と、お天気の神様に泣きを入れたところ…

ヤッタネ♪朝から晴れ間が広がってま~すsun

超早起きで張り切りモードの夫と二人で向かった先は、川西市川辺郡のテニスコートなのだtennis

1347878080684.jpg

ラケット持つのは実に半年以上ぶりの私。

とは言え、テニスは大好きなんで全米もフェドカップもウキウキしながらTV観戦してきた。

…のだけど、、ねぇcoldsweats02

実際プレーするとなるとエラいこっちゃ~

正直これほどまで感覚(打球感)が遠く感じるのは初めてかもしれない。

今日はちょっとやばいなぁと思いつつ、その後は言われたままにゲームが進行していく。

  いや…ほんま、ヤバいから…sweat01catface

そのまま午前のプレーを終え、切り替えて午後へ突入。

その後、身体がほぐれて目も慣れたのか、少しずつだけど気持ちよく打てるタイミングも思い出し始めたかなぁ。

と思ったあたりでタイムアウト。

気が付けば4時間も経過しちょりましたがな。

次回はもうちょっと小マシなプレーができるよう、ちょっとコソ練せんとねぇ…bleah

1347878086159.jpg

↑ i phoneが巷一番のオモチャでちゅheart01

オトナのゲームはアマくはないぜよぉ~coldsweats01

歴史を塗り替えた男‼

全仏オープン 史上最多の7回目の優勝!
ボルグの6回の記録をついに塗り替えてしまった、そんな歴史的な瞬間shine
ナダルがその快挙を果たした。

雨に阻まれ2日にわたって繰り広げられた熱戦。
2日目も引き続き怪しい天候・・sprinkle

けれど、そんななかでも集中力を切らすことなく押し切る精神力。

感動confident

放心・・・

最後はお互いを讃え合う素晴らしいスピーチ。

苦しくも生涯グランドスラムを逃してしまったジョコビッチのプレイも素晴らしかった。

さてと。

この余韻を味わいながら少~しだけ夜更かししちゃおっかなbeer
1339424430216.jpg

1339424432195.jpg

1339424433592.jpg

1339424434713.jpg

錦織~、すごすぎ‼

1327500264256.jpg

3夜に分けてツォンガ戦を観戦!

いやぁ、ほんまに言葉出ません。

堂々の勝利やね。

冷静に、やるべきことをきっちりと、戦略通りにやり遂げた

そんな感じか。

今年はトップ20に、来年トップ10にと、本人は抱負をあげていたらしい。

もっと早くにトップ10に入れるんじゃないの!

そう確信させてもらえる試合やったね~。

それにしても、最終ゲームの最高に硬くなるであろうタイミングでこの試合初の196キロのノータッチエース取れるって、ほんまにタダものじゃないね~。

たいした選手やわ!

あーあーあー、ほんまにありがとう‼‼‼