« ウルトラへ向けてのひとり言 | トップページ | 甥っ子1号、就活突入! »

ホセさんの問い

清貧の元ウルグアイ大統領、ホセ・ムヒカ氏。
立派な公邸ではなく郊外の農場に住み、大統領としての報酬も福祉資金に寄付されていたとのこと。
その方が2012年の大統領当時、リオデジャネイロでの世界の環境対策会議でされたスピーチが反響を呼んでいる。
http://fundo.jp/64575

私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。
幸せになるためにこの地球にやってきたのです。
人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。
命よりも高価なものは存在しません。


人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならない‥‥

心に刺さった。

みんな薄々気付いてるはず。
高度経済成長期に頑張ってきた父ちゃん世代との微妙な意識のギャップに。

何をどんなふうに変えていけばいいんか
すぐに答えられんけど。
日々の生活のなかで、少しずつでも意識していかなあかんと思った。

これまでミニマリストってどうなん?と思ったりしてたけど、‘消費社会に警鐘を鳴らす’ひとつの考え方とも言えるのかな。

買っては飽きて捨て‥そんな生活サイクルと自分は無縁とは言い切れん。
経済を回すことも大事なことやろうけど、それでこの地球という星が持続不可能になったら人の未来もないんやもんね。

« ウルトラへ向けてのひとり言 | トップページ | 甥っ子1号、就活突入! »

コメント

ぜひ「おいしい資本主義」読んでください〜
農業しましょう〜*\(^o^)/*

かなりくすぐられてるのよ。
その本。。
ほんまに美味しいん?笑
自分にほんまに必要なモノを見極める目を養わなきゃってことなんやろね。
おいしく生きたいわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウルトラへ向けてのひとり言 | トップページ | 甥っ子1号、就活突入! »