« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

ルー姫




後頭部




横顔




背中

いと、かわゆし♡

『列車コンでいこう』

撮り溜めてたドラマを3夜、立て続けに鑑賞。

気楽な恋愛コメディかな‥

いやいや、参った。

大切な人、かけがえの無い人を突然失い、その時から心が停止したまま

そんな人たち、

あの日から5年が過ぎ、ようやっと 心が動きだす

生きているものには今があり、この先も生きていくわけで

生かされているわけで

そんな人たちの葛藤と再生のものがたりだった

NHK、秀悦なドラマを創ってくれますな









『日曜に想う』

先日、正月ぶりに実家へ帰省。
裏に住む兄貴家族たち皆んなでワイワイガヤガヤ楽しい食卓を囲む。
この春から中2になる甥っ子3号の成長ぶりに驚かされ、若さのパワーに圧倒!
サッカー部の活動も忙しいらしくジィちゃんバァちゃんん家に寄る時間も減ってきている模様。

ちょっと寂しそうなジィジとバァバ。
特に心配なのがバァバである我が母君よ。
昨年秋に家業の会社経理を義姉に引き継ぎ、ようやくゆったりと時間を持てるようになった、、はずなのだけど、、
年始早々17年の犬生に幕を閉じ、家族全員に悼まれつつ旅だった愛犬ダイスケの死を未だ受け入れきれず深いペットロスに陥っている。
色んなことが重なり、心にポカリと穴が空いたんやろう。
すべては日にち薬‥とは思えどやっぱり心配で、何だかんだと娘としてお節介を焼かざるをえないんよね。

そんななか、新聞に載っていた面白い記事に目が止まる。
第一次安倍内閣のときに始まった若者の日中友好プログラムの一環として、それぞれの国で1週間程度、観光地訪問や学校見学をしたりと盛りだくさん。そして中でもホームステイはそのハイライトとのこと♬
「私は家族の一員になったような気がした‥」
「おじいさんとおばあさんが大変心優しく、私たちのために鍋料理を用意してくれた」
1、2泊だけのふれあいであれ、ホスト家庭にも若者たちにも強い印象を残すんやろうね。

ふと、短大の夏休み、短期のホームステイをしたときのことを思い出す。
アメリカはロサンゼルスのホストファミリー、私の第2の家族Macly家のお父さん、お母さん、末娘のDomaとボーイフレンド(今から思えばちょっと大泉洋似⁉︎)のなんたら君(名前忘れちまったよsweat01)。
本場ディズニーランドやナッツベリーファームetc‥それら観光地も目新しくてキラキラしてた。
けれど一番の想い出は、お母さんとの時間。
夜中までダイニングで色んなことを語り合ったなぁ。
私の拙すぎる英語で辞書引き引き悪戦苦闘しながらだったけど、それだけにより深く刻み込まれた温かな心の交流‥。
いまでも鮮明に、お母さんの表情まで思い出される‥‥

ホームステイはほんとうに素敵な体験!
人を元気にしてくれるのは、やっぱり人との出会い・ふれあいじゃないかなと思う。
幾つになっても凝り固まらず柔軟なアタマと心でいてほしい。
ちょっと両親に提案してみようか、ホストファミリー経験note

いろんなことに思いを馳せながら、日曜に想うconfident


いろんなご縁と、これから‥

今夜は久しぶりの金呑み🍻

このところ1年後の不安、ほんとにやっていけるのか、食えるのか‥朝方の無意識下でその不安に襲われて、、
ほんまにビビってる。

けど、人とのご縁みたいなものは着実に繋がってるもんやなぁと。

少しだけ自信を持ってもいいのかな、と。

焦らず騒がず、けれど着実に進んでいこう。

穏やかな春の日に




お習字なんて何年ぶり⁉︎

ラン仲間にお習字の先生がおられ、今回お習字会に招いていただいた。

ワクワクドッキドキ ♡

まずは、超・超 ニガテなペン字に悪戦苦闘sweat01

その後に、これまた子供時代ぶりの毛筆にトライ!

筆を走らせてる時間ってまるで ‘瞑想’ ⁉︎っていうくらい集中でき、それが心地よかった。

一文字ずつ、丁寧に、心をこめてconfident

春和景明 〜穏やかで明るい春の陽のように〜

少し心も穏やかになれたかな♪

甥っ子

甥っ子2号と3号 ♬

20歳と14歳、仲良しこよしやね〜♡

春休みで帰省中のにぃちゃんに甘えんぼの末っ子はくっつき虫状態smile

微笑ましい光景に叔母ちゃんもニンマリや



Latina

『Latina』届いた ♪

宮沢さんと高野さん、親友2人の対談が嬉しい。

この記事でもGANGAでの音楽の表現の幅や質に対する満足度の高さ、メンバーとの家族のような絆‥‥

‘公共での歌唱活動無期限休止’

少しお休みさせてもらいます、でよかったんじゃないかと。メンバーや近くにいる人たち、ましてや私たちファンも皆んなが思ってる。

けれど、宮さんご本人が言うてはるとおり、歌手という肩書きを手放して敢えて退路を断つ、そこから新しい活動に本腰を入れていきたいんだろうなぁと理解できた。

今号から始まったlatinaでの氏の新しい連載で色んなこれからを垣間見させてもらえそう。
楽しみだ。



荒れる心模様

朝から乱気流気味の心模様

ゆうべは夜中に大汗かいて目が覚めて‥

こりゃ完全に○年期ってやつや

ふぅ‥‥‥

多謝!

名古屋ウィメンズに篠山、バトミントンの世界戦など、週末はマラソン等のスポーツ放映づくしで、またまた感動‥

FBを覗けば、ラン友達が各地の大会で繰り広げる悲喜交々のドラマに思わず引き込まれる。

妬まず、媚びず、驕らず、焦らず、恐れず

謙虚に、優しく、慎ましく、堂々と

マラソンは、スポーツは、ほんとにいろんなことを学ばせてくれるconfident



篠山をひつこく振り返り^ ^

昨年は春過ぎに発症した座骨神経痛の影響で普段のジョグもままならず、遠くの整骨院まで通ったり、色んなアドバイスを受け、走り方を見直し‥どうにか昨年末あたりから痛みが薄らいできて走るのが楽しくなってきていた。
そうなりゃ、それまでの分も頑張って取り戻さなきゃと新しくスピード練習なども取り入れながら勝負レースの篠山へ向け準備を重ねていた。

当日、5時起床。素餅5個完食。
7時過ぎ、ランナーですでに満員御礼の電車に乗り込む。
ラッキーなことに途中から座席をゲット!
ぼぉっとしてたら緊張してくるんで新聞読みながら気を紛らわせる。
8時過ぎに篠山着。そこから路線バス20分ほどで会場着。
既に前週の姫路城マラソンを娘さんとペアで完走果たした友達(正確には友達の旦那さん)がごっついプロみたいなカメラ片手に会場入り⁉︎早っ
「スタート後2k地点と18k地点でカメラ構えて待ってるで〜」と。嬉しい!テンション上がる‼︎
その後、着替えを済ませ、ラン仲間が集まる場所へ移動。応援団も含めると凄い人数。20数人?
ここでもめちゃくちゃテンション上がる。。上がり過ぎ⁉︎
それぞれがスタートブロックへ移動。今回私はAブロック!きっと去年あの雨の中頑張ったからやなぁと一人悦に入る‥。
号砲待ちのとき、隣の人らがその日のペースを確認し会話が耳に入る。「k4分55秒でいくわ」
実は私もそのペースでいくつもり(^-^)いけるとこまでやけどね。

さぁ、号砲!まずは陸連登録組がスタート。
その10分後、10時50分、我らの号砲!
いざ出陣〜

もみ合いしつつも2分ほどで道が開ける。さすがはAブロックやと感動。
そのまま徐々にペースアップし、時計はk4.53でピタリ。
うんうん、身体軽い。良い感じ。
どうやらペーサーにされたようで一人のランナーがピタリと付いてくる。
10k地点を通過後、強風に煽られ若干ペースダウン。
k4.54、4.55‥あらら早くも足にダルさが‥
18k付近で友達カメラマンを発見しテンション盛り返す。美ジョガーに映してよ〜
仲間の応援団からも声援をもらい、どうにか20kの計測地点をクリア。このときk4.59

走りながらジェル補給、エイドではスポドリ、24kの名物しし汁エイドを横目に通過。あぁ、足が上がらん
30k過ぎの折り返しから例年なら仲間を探しながら声かけしながら走るのに今年はその余裕もなくひたすらもがきながら進む。
32kあたりで懐かしいテニス仲間からまさかの声援を受ける。うわー、久しぶり〜

次のエイドはまだか、、喉が‥乾いた‥苦しい‥‥‥
5kごとにあるはずのエイドがここだけ36.5kやし、スポドリを一気飲みしても足らず水もガブガブ‥ここまできたらトイレも持ち堪えるやろ!

そして、少し進んだところで足首から徐々に肉の塊がグワっと震えだす。あー、攣ったぁ
っていうか、肉離れ?痛い痛い痛ぁいーーー

しばらくストレッチらしきものをしてみたり、けどどうにも痛すぎて走り出しても止まって波が過ぎるのを待つが、、

じ えんど。

あのとき、結局のところ足が動かんくなったことにより気持ちがぷっつり切れてしまったんやなぁと。
このところいいとこなしやったからどうしても今回は頑張りたかった。
どうしても3時間40分を切りたかった。
その時々の具合に合わせて目標も修正しながら進まなあかんのに、無理やのに、こだわり過ぎた。
気持ちが突っ込みすぎてた。

敗因なんかほんまは分かってた。
けど、これでよかったんかもしれんしこれしかできひんかったように思う。

そんな今年の篠山を終え、良かった側面悪かった側面について。
まず、良かった側面は、謙虚な気持ちの大切さに改めて気付けたこと。
悪かった側面は、少し自信を失なったこと。
けれど、この両者は合わせ鏡のような関係であり、プラスの方向へ持っていけてこそ得るものがあり、それこそがスポーツの醍醐味なのではないか。

いずれにせよ、奥が深い。
少しずつでも成長できればいいか。



現実?

篠山マラソン、今年はDNFで じ えんど

何が どうなり あぁなった?

37k地点、ふくらはぎ〜スネにかけて強烈な痙攣

立っていても座っても足伸ばしても曲げても 痛い

ヒーヒー悶絶

気がつけば医務車で搬送

救急処置を施してもらい、しばらく医務テントのベッドで静養

ようやく回復し、外へ出る

完走メダルを首から下げ、それぞれそれなりに満足・悔しげ・涙‥

それでもみんな完走している

現実に引き戻された

わたし、リタイア したの?

途中で止めたの?

諦めたの??

なんでなんでなんでなんで

何でやー


初心忘るべからず

ふふ‥

切れそうかなぁ‥と心配していた顧問先から連絡が!

引き続きよろしく、とのこと。

感謝の心を忘れずに、丁寧に仕事させてもらいます。

ちなみに、「何事も丁寧に」は今年の抱負なのだ。



« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »